Tomoya Fujii 作品展「untitled」

丸亀市市民交流活動センターマルタス様よりお誘いいただき、マルタス 1階オープンラウンジ白壁にて展示を行います。
今回新作から数点作品を出展しています。地元香川県の公共スペースでの展示ということで、どんな反応があるか非常に楽しみです。
お近くの方是非ご高覧頂けたらと思います。

----

国内外の様々な場所で活動される、香川県出身・在住の写真家、藤井智也氏の作品展を開催します。イメージ、物質との関係性を起点に
制作過程で様々なデバイス、メディア通過させることで、 再構築を行い、写真を生成する実験的な作品発表を続けています。
2021年には、現代写真の第一線で活躍する審査員を迎えた「JAPAN PHOTO AWARD」にてCharlotte Cotton(シャーロット・コットン)賞
Xiaopeng Yuan(シャオペン・ユアン)賞のダブル受賞を果たすなど、近年注目を集める藤井智也氏の作品を是非ご覧ください。


会期:2021年11月11日(木)~2021年12月27日(月)
時間:10:00-20:00
会場:丸亀市市民交流活動センター マルタス住所:〒763-0034 香川県丸亀市大手町丁目4-10
問い合わせ:0877-24-8877 
info@marugame-marutasu.jp
https://marugame-marutasu.jp/event/art/entry-3240.html





KYOTOGRAPHIE KG+ 2021 特別展「 JAPAN PHOTO AWARD + INTUITION」


KYOTOGRAPHIE KG+ 2021 特別展として、 JAPANPHOTO AWARD + INTUITIONに参加します。

KG+とは、これから活躍が期待される写真家やキュレーターの発掘と支援を目的に、2013年よりスタートしたアートフェスティバルです。
KG+はKYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭と連携し、同時期に開催することで国際的に活躍する写真家やアーティスト、国内外のキュレーター、
ギャラリストとの出会いの場と国際的な情報発信の機会を提供します。
JAPAN PHOTO AWARDとは、世界に向けて日本の新しい才能を発信することを目的に、2013年に設立されたアワードです。
審査員は、世界の第一線で活躍するエディター、キュレーターを招聘し、世界を志す熱意有る方
たちに挑戦の機会を提供します。本アワードの受賞者達は、写真集の出版、美術館での個展、国際的なファッションブランドとの
コラボレーション等、着実に実績を残し活躍の場を世界に広げています。

本展では2021年度の受賞作品を始め、新しい才能をリーズナブルな価格で提供するINTUITION KG+ EDITIONを同時開催いたします。

是非、ご高覧くださいませ。

「JAPAN PHOTO AWARD EXHIBITION + INTUITION|ジャパンフォトアワードエキシビジョン
+イントゥイション」
会期:2021年9月17日(金)~2021年11月7日(日)
時間:10:00-20:00
会場:HOTEL ANTEROOM KYOTO l Gallery 9.5 (担当:江口)
住所:〒601-8044 京都府京都市南区東九条明田町7

問い合わせ:JAPAN PHOTO AWARD 事務局 info@japanphotoaward.com

http://kyotographie.jp/kgplus/2021/exhibitions/index.html

受賞作家:藤井 智也、システム オブ カルチャー、柏木 瑠河、有村 勇史|イントゥイションレーベル /Tomoya Fujii・System of Cultur・
Ruka Kashiwagi・Yushi Arimura・INTUITION LABEL





Group Exhibition / 眼閃、もしくはその因子

3月6日(土)よりBasement GINZA(東京)にて開催されるグループ展「眼閃、もしくはその因子」に参加します。

お近くの方は是非よろしくお願いします。

     ----
Pulp & Juno Mizobuchi presents
group exhibition
「眼閃、もしくはその因子」in Tokyo

2021/3/6(土) – 3/14(日)
12:00-19:00

at Basement GINZA
(東京都中央区銀座4丁目3−5 Ploom Shop 銀座店 B1F)

-Artist-
BIOMAN
Hiraparr Wilson
Sergio Gomez
Tomoya Fujii
wimp
白根ゆたんぽ
竹下昇平
溝渕珠能
南田真吾
六根由里香

東京・銀座のスペース Basement GINZAにて、Pulp企画による展示を開催いたします。

本展は、2020年11月に大阪・谷町六丁目のギャラリー&ショップPOLにて開催されたグループ展に追加アーティストを加えた巡回展となります。

強い光を見つめたり、眼球に物理的に刺激を与えた際に瞼の裏に光が見える現象である眼閃。
その眼閃もしくはその因子となるものを思い起こさせるようなアーティストらの作品が並びます。

http://pulpspace.org/2021/02/07/phospheneintokyo/





JAPAN PHOTO AWARD 2021において、Charlotte Cotton賞(キュレーター / ライター), Xiaopeng Yuan(写真家 / Samepaper ファウンダー)
をダブル受賞致しました。

I'm pleased to announce that I won JAPAN PHOTO AWARD 2021, Selected by Charlotte Cotton & Xiaopeng Yuan.
It's great honor and thank you so much.






この度Vacant101にて個展を行います。

Tomoya Fujii solo exhibition
「Post-accumulation」

Statement
私の作品中で使用している主なマテリアルは、自身が住んでいるアパートに日々投函される広告チラシそして箱である。
ポストの傍にゴミ箱があり、毎日大量の広告チラシが捨てられる。印刷物としての役目を終えた広告は、その”箱”に囚われ、
光を受けないまま、いつの間にか消えている。

物事は日々新たな形に変化し続ける。それは資本主義社会における都市の構造、自然界における生命体とその環境、
人間を含めたそれら生命の身体においてもである。表層からはその変化は微細なものであるが、その箱の中では動きがあり、
いつの間にかそこは以前とは違った光景が広がっている。それは無数の”箱”の集合体に似ている。

ビル群に囲まれた都市としての箱。生命体としてのその身体としての箱。

ゴミ箱に捨てられた広告を収集し、そのイメージ(表層)を粒子化(細胞)させ、イメージの集積として結合させる。
それらを透明な”箱”へと投函し、生命体に見立てた”不透明な彫刻”を、身近な環境に植える。
環境が持つ形、色彩、痕跡の中に没入させる。

—-

期間
2021/01/30(土) - 02/07(日)

OPEN
13:00 - 18:00

Close
Mon Tue / 月・火 休

Vacant 101
( @101_vacant )


〒760-0001
香川県高松市瓦町 2-12-6 久利ビル 3F
2-12-6 Kawaramachi, Takamatsu, Kagawa

—-

https://vacant101.thebase.in
@101_vacant




Group Exhibition / 眼閃、もしくはその因子

2020/11/7(土) – 11/15(日) ※木、金休み
月火水 15:00-21:00 土日 12:00-19:00
POL (大阪市中央区谷町6-18-29 2F / カレー屋”アララギ”上)

-Artist-
Hiraparr Wilson
Sergio Gomez
Tomoya Fujii
竹下昇平
溝渕珠能
南田真吾



大阪・南堀江のギャラリーPulp企画による展示を開催いたします。強い光を見つめたり、
眼球に物理的に刺激を与えた際に瞼の裏に光が見える現象である眼閃。
本展では、その眼閃もしくはその因子となるものを思い起こさせる5人のペインターと
1人の写真家によるグループ展となります。



-PROFILE-

Hiraparr Wilson | ヒラパー・ウィルソン東京都出身。
多摩美術大学芸術学部卒。
大学卒業後2014年頃から創作活動を始め、絵画、イラスト、ミューラル、立体など様々なメディア
を用いて作品を制作。
身近な物を実験的に用いるブリコラージュ的発想から作品を創造する。
また、多くのミュージシャンやファッションブランドなどへビジュアルを提供。
ジャンルにとらわれずフラットな視点と興味の赴くままに活動を展開中。
instagram:https://www.instagram.com/hiraparr/


Sergio Gomez / SrgerSevilla(Spain) 1983
彼の多彩な個性の起源はグラフィティにあり、それらはドローイングの他に写真、
インスタレーション、ビデオアート、
ミューラルアートを用いて表現される。
そして絶え間ない進化の中で、その作品たちは大小を問わず抽象絵画を用いた実験とグラフィックデザインの遺産
との間の
対話を再現し続けていく。
instagram:https://www.instagram.com/srger/
website:https://srger.com/-


Tomoya Fujii  1984年-
文芸創作を学んだ後、写真を用いた作品の発表を続けている。
2016年に、アムステルダムにある写真美術館FoamがオーガナイズするUnseen Photo Fairにて「Unseen Dummy Book Award」に入賞。
2016、2017年には、日本で最も先鋭的なフォトアワードとして名高い「TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD」に入選。
主な活動に「NEW VISIONS #03」 (G/P gallery Shinonome)、「Raw」(CIY)など。
instagram:https://www.instagram.com/tomoya_fujii/
website:https://tomoyafujii.com/


竹下 昇平 | Shohei Takeshita  1990 静岡県生まれ
現在、東京で活動中。
ごく普通の街の風景をモチーフとしながらも、あくまでそれは表層でしかなく、画面や街などから
せり上がってくる荒々しい筆致や植物を描くことで、世界の複層性や下層に潜む「力」の表現を試みている。
twitter:https://twitter.com/takeshitashohei


溝渕 珠能 | Juno Mizobuchi
1992年、香川県生まれ。大阪にて育つ。
京都精華大学デザイン学部イラストレーションコース卒業。その後、拠点を東京に移し活動を行う。
主に絵画作品を制作する。個展の開催やグループ展への参加、アートワークの提供、壁画の制作を行う。
単純で小さな行為により、現在の自分を感じる作品を制作する。
instagram:https://www.instagram.com/juno_mb/
website:https://junomb.blogspot.com/


南田 真吾 | Shingo Minamida
1993年大阪生。
2016年京都造形芸術大学卒業。
形式上の色や形のバランス、構図に重きを置いた絵を描く。主な活動は各種媒体でのイラストレーション制作や、
国内外での作品展示。
instagram:https://www.instagram.com/shingominamida/
tumblr:https://shingominamida.tumblr.com





POL website:http://pol2020.jp/phospheneor/
Pulp website:https://pulpspace.org/

企画:Pulp 田窪直樹






Exhibition / 感覚の遺跡 Ruins


There is nothing immovable in time and space. Things will always begin, change, and perish. The same goes for formless things such as
memories and emotions humans possess, and even now appearing from somewhere, those things continue to accumulate.
This implies that at the least, we can say that every day we leave some sort of “trace” and are blessed by them.

However, for both physical traces left in a place or traces left in memories, they eventually fade over time, appear in front of us as
a kind of “ruin”, and again vanish away with memories.

-


Kazuo Yoshida /
Kazuo is conducting an examination of light while using both digital and analog methods back and forth with the questions exploring
the origins of photography as a starting point.


Tomoya Fujii /
Tomoya is visualizing the relationship between the time axis and a medium of pictures by using techniques such as overlapping, cutting,
and tying images within a specific rule.


Shauba Chang /
Shauba takes her interest in the process of what is becoming history. She tries to recreate a visible process based on her own
personal experience, to examine how the desire of being, aging and dying defines time.



In this exhibition, based on the theme “Traces”, work developed by artists who individually confronted this topic is presented.
And this time we will witness the excavation sites of these “ruins” as parties.


_______



ABOUT ARTIST

_

Kazuo Yoshida

Born in 1982, Hyogo, Japan. Yoshida graduated from the University of Shiga Prefecture in 2004.
He attempts to establish a new index in the present age through a process of collection and reconstruction using various media
such as the uncertain elements of time, space and color. In 2012, he received the Grand Prize at the 11th Gunma Biennale For Young Artists.


Major exhibitions:
“ Attitude Control ” (Kalasatama Studio Building, Helsinki, 2017)
” Tsushima Art Fantasia “ (Tsushima Art Center, Nagasaki, 2017)
“ 3 x Tokyo ” (Nordland Kultursenter, Bodø, 2016)
“ Japan Media Arts Festival ” (Kushiro Art Museum, Hokkaido, 2014)
“ Picturing Plants ” (The Museum of Modern Art Gunma, Gunma, 2013)
Upcoming exhibition will include a group exhibition at Seoul Museum of Art.


http://www.yoshid.info/index.htm


_

Tomoya Fujii

Born in Kagawa, 1984 and curently living in Saitama, Japan. He graduated from Department of Arts, Osaka University of Arts in 2007,
then studied photography at the Gerrit Rietveld Academy in Amsterdam, 2015.

In 2016, he was nominated to shortlist of "Unseen Dummy Award" which was organized by Foam museum in Amsterdam. In 2016 and 2017,
he was selected to "TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD" which is known as one of the most radical photo award in Japan.
With growing international recognition, he continues to explore the possibility of Images.


Major exhibitions:
“ NEW VISIONS # 03 “(G/P gallery Shinonome, Tokyo, 2016)
“ Raw “ (Pon ding, Taipei, 2017)
“ Raw " (CIY, Morioka, 2018)


https://tomoyafujii.com/


_

Shauba Chang

Born in Taoyuan, Taiwan, has received her Master degree from the Slade School of Fine Art in London.
She has been practicing art through exhibitions, pop-up events and publications. She’s the founder and the chief editor of waterfall,
an online curatorial project in the beginning and then turned into a publishing house/design studio afterwards along with
a 6-issues-only magazines project NOT TODAY. In 2016,

Shauba relocated herself with a newproject “dmp editions”, a multi-task project involving publishing, curating, art direction, making artworks,
eating and napping, hosted by Shauba Chang and didi. They both currently lives and works between Taipei and internet.


http://www.hiwaterfall.com
https://cargocollective.com/dearmyparty
http://takeoneforall.com/
https://www.facebook.com/dmp.editions/



________ _


感覚の遺跡 Ruins

2018.10.6 Sat. – 11.4 Sun.

Opening reception: 10.6 Sat. 17:00-

Venue: WASHIDA HOME STORE, B1 Space

Address|No.4, Zhongxing 4th Ln., West Dist., Taichung City 403,Taiwan

http://www.washida.co





Solo Exhibition / Raw

Period: 2018.2.03 (sat) - 2.18 (Sun)
Venue: CIY (Morioka)
Open: 12:00 - 19:00 close: Wed
Web: http://www.choiceisyours.net

Book Signing & Talk event 2.03 Sat 19:30 –



Solo Exhibition / Raw

会期:2018年2月3日 (土) - 2018年2月18日 (日)
会場:CIY (盛岡)
時間: 12:00 - 19:00 水曜休館
Web:http://www.choiceisyours.net

オープニング・レセプション:2018年2月3日 (土) 19:30 –




Launching event of ”NEW JAPAN PHOTO ISSUE.5” 

Period: 2018.1.26 Fri.- 2.24 Sat.
Venue: CHI-KA (DUBAI)
Web: http://www.chikaspace.com/future-exhibitions/

My work will be shown in Dubai. Please stop by if you're around.



Launching event of ”NEW JAPAN PHOTO ISSUE.5”

会期 : 2018年1月26日 (金) - 2018年2月24日 (土)
会場 : CHI-KA (DUBAI)
Web : http://www.chikaspace.com/future-exhibitions/

若手写真家のカタログ「NEW JAPAN PHOTO ISSUE.5」に私の作品が掲載されました。
出版記念特別展として、1月26日 - 2月24日にドバイで開催される「QUOZ ARTS FEST」「GPP PHOTO WEEK」の二つのイベントで、
私の作品が展示されます。




Solo Exhibition / Raw

Period: 2018.6.03 (sat) - 6.24 (Sat)
Venue: Pon ding (Taipei)
Open: 11:00 - 20:00
Web: http://pon-ding.com

Book Signing & Talk event 6.10 Sat 15:00 - 16:00
Guest: Yo Yang (Artist)
Moderator: Yichiu Chen (Pon Ding)



Solo Exhibition / Raw

会期:2018年6月3日 (土) - 2018年6月24日 (土)
会場:Pon ding (台北)
時間:11:00 - 20:00
Web:http://pon-ding.com

オープニング・レセプション & ブックサイニング:2018年6月10日 (土) 15:00 - 16:00
ゲスト: Yo Yang (Artist)
モデレーター: Yichiu Chen (Pon Ding)




Belfast Photo Festival / Planet

Period: 2018.6.03 (sat) - 6.30 (Sun)
Venue: Belfast Photography Festival
Writer’s Square (Belfast)
Open: 12:00 – 18:00, Tues – Sun
Web: www.belfastphotofestival.com/unseen-dummy-award

My Photobook "Planet" which shortlisted on Unseen DUMMY AWARD 2016 will be shown in Belfast photo festival from 3 to 30 June 2017.
If you arenearby please come and see.



Belfast Photo Festival / Planet

会期:2018年6月3日 (土) - 2018年6月30日 (日)
会場:Belfast Photography Festival
Writer’s Square (ベルファスト)
時間:12:00 – 18:00, 土、月曜休館
Web:www.belfastphotofestival.com/unseen-dummy-award

Belfast Photo Festivalで、昨年Unseen - Photography Fair Amsterdamにて開催されたダミーアワードにて入賞した私の作品が展示されます。この写真集は6月に台湾で出版されます。




Group Exhibition / Thomas At Roof

Period: 2017.5.21 (sun) - 6.03 (Sat)
Venue: Roof top of studio (Taipei)
Address: Rooftop, No. 20, Lane 183, Section 1, Heping East Road, Da’an District, Taipei City
Web: https://www.facebook.com/events/1815763295409643/?active_tab=about

Opening Reception 2017.5.21 Sun 15:00 -
Bring your drinks!



会期:2018年6月3日 (日) - 2018年6月03日 (土)
会場:Roof top of studio (台北)
住所:Rooftop, No. 20, Lane 183, Section 1, Heping East Road, Da’an District, Taipei City
Web:https://www.facebook.com/events/1815763295409643/?active_tab=about

オープニング・レセプション2017年5月21日 (日) 15:00 -




G/P gallery Shinonomeにて開催されているグループ展 『NEW VISIONS #3 』に参加します。


NEW VISIONS #3


会期:2016年11月8日 (火) - 2018年11月26日 (土)
会場:G/P Gallery Shinonome (東京)
Open: 11:00 – 17:00, Tues – Sat
Web:http://gptokyo.jp/archives/3361



I participate group exhibition "NEW VISIONS#3" at G/P gallery Shinonome in Tokyo.
My work will be exhibited from 8th to 26th of November. If you are near by, please visit.



Period: 2016.11.08 (tue) - 11.26 (Sat)
Venue: G/P Gallery Shinonome (Tokyo)
Open: 11:00 – 17:00, Tues – Sat
Web: http://gptokyo.jp/archives/3361





会期:2016年11月8日 (火) - 2018年11月26日 (土)
会場:G/P Gallery Shinonome (東京)
Open: 11:00 – 17:00, Tues – Sat
Web:http://gptokyo.jp/archives/3361







Mark